C.O.L vol,31を終えて

2018/01/27

昨夜の臼井嗣人presents CIRCLE OF LOVE vol,31へお越しくださったみなさんどうもありがとうございました!
楽屋から本番から打ち上げまで、とても楽しい夜だった。

臼井の音楽仲間の中でもズバ抜けて個性的なふたりW
青葉紘季氏とキクチユウスケくんを出逢わせたことで
思っていた通り楽し過ぎた。話が尽きないw
アンコールでの3人でのMCはあまりにも話し過ぎて
青葉氏サポートメンバーの迫さんに「もう曲やりましょうw」と促されてやっと始めるという。。。w

楽屋では、健康の話から、痛風の話になり、プリン体がどうこうから、魚卵がヤバイとなり

そういえばウニってあれなんなの?卵なのか?となり

脳味噌じゃね?!

いやでもあの身体に対して脳味噌デカ過ぎじゃね?!

でもでも、そんなこと言ったらカニも味噌デカくね?

カニ味噌ってあれ脳味噌なの?

え?そうでねぇの?

いや、ただ脳味噌に似てるから カニ味噌って言われてるだけじゃね?
だって、あの大きさの脳味噌あるのに横にしか歩けないとかバカすぎじゃね?

確かに。。。
んで、結局、ウニってなんなん?

(グーグル先生でウニの中身を調べる迫氏)
あれは、精巣と卵巣みたいですね。

まじか。。。
全身でヤル気満々だなw
その割には、鬼のようにガード固いフォルムしてるなw

こんな話しで本番前にみんなで盛り上がっていたw
そして、最終的には年齢的にも健康に気をつけないとね。ということになり、
臼井、青葉氏、キクチくんで健康診断に行こうということになったw

ライブでは、今歌いたい曲だけを精一杯お届けしました。
キクチくんと一緒に始めたプロジェクト「Neighborhood756」でも新曲をお届け。
N756メンバーのパーカッション藤本くんも交えてお送りしました。

セットリスト

1.キャンドルナイト
2.花吹雪
3.サボテンのせい
4.猫になりたい(スピッツ/カバー)
5.ワーゲンに乗って(Neighborhood756)
6.春紫苑
7.mother
EN.circle of love

キクチくんのステージも、青葉さんのステージも優しさと刺激と笑いに溢れた
感動的な時間だった。

その後の打ち上げもたくさん笑ってたくさんの飲んで、
最高な時間だった。

青「ちょっと臼井くん!リンゴかじってるところ撮りたいから、一緒に写真撮って!」
臼「良いっすけど、、、(これ何の時間なん?)」

の図。↑

改めてこのCIRCLE OF LOVEというイベントを続けてきて良かったと思えた夜だった。

改めて、キクチくん、青葉さん、藤本くん、迫さん、はすみん、
440の皆さん。
そして、来てくれた皆さんありがとうございました!

次回CIRCLE OF LOVEは4月27日(金)に決定!
お楽しみに!

今年も幸せに終えることが出来ました。

2017/12/30

先日の中目黒City Of Mountain Tops公演、そして今年最後のライブとなったベイシス公演へお越しくださった皆さん
ありがとうございました!

City Of Mountain Tops公演のキクチくん主催のこのイベントも恒例行事となってきた中、
今回も素敵なミュージシャンが集結して、終始楽しい時間だった。
キクチくんが酒を一切飲まずに進行に専念した結果、予定通りの時間にビッシーッと終わるという奇跡の展開に
感心したのと同時に、若干物足りない感もw
2時間くらいは押すのを想定していたので、打ち上げが早く始まって良かったw

イベント自体も、BARならではの空間も相まって終始和やかな時間が流れ、
僕も楽しみながら歌わせてもらいました。
今回はイブイブだったこともあり、何かクリスマスっぽい曲を歌いたいなぁと思ったんだけど
あいにくそういう曲を持ち合わせていないことに気づき、、、

う〜ん、、、クリスマス、、クリスマス、、、チキン、、、、鳥、、、、あっ!!!

ということで
弾き語りでは初めてとなる「カナリア」を歌ったw

最後にみんなでセッションをして、賑やかに幕を閉じました〜

セッション時にオーノカズナリ氏だけ何故客席に紛れていたのかは極めて謎ですが。。。

イベント終了後は、このイベントならではの、来てくれた方と話しながらカウンター越しにお酒を飲んだり♪
その後は、打ち上げに移動し、この時期にしてまさかの屋外の席で(大人数でアポ無しで行った為席が無かった、、、)
寒すぎて、必然的に熱燗しばりでの打ち上げとなりました。
その後の流れは臼井のSNSで中継した通りでございます。

楽しい1日でした。
皆さんありがとう!

そして、26日は2017年最後のライブとなった横浜ベイシス公演。
ベクトル・ユーゴくんを始め馴染みのあるアーティストからお初の方まで
とても刺激的なライブ納めだった。
持ち時間の短いライブではあったけれど、
自分の中では、今年一番伸び伸び歌えたというか、
ある意味何も意識せずに自然体の歌を届けられた様な感覚を持てたので、
一年を締めくくるライブとしては、
また来年に持ち越せる「感覚」を得られて良いライブだった。
沢山の方がCDを買ってくれて嬉しかった。
どうもありがとう!
そして、共演のタンゲマコトくんのライブが素晴らしくて
打ち上げでも色々と話せて良い時間だった。
来年の関東ライブ一発目1月17日横浜ベイシス公演は彼のリリースイベントに出演させてもらいます。
今からとても楽しみだ。

珍しく(というか初めて?!)ベイシスのドン、三井さんも一緒に写真に。
今年もお世話になりました。
打ち上げは終電の関係であまり長く参加できなかったけれど、
良い時間を過ごせたし、ベイシスの打ち上げ飯は相変わらず美味しいw

そして、

ワサビを忘れた為、この男にとどめを刺し損なったので、
仲良く一緒に電車で帰ってきましたw

まだあと2日ありますが、
ひとまずライブ活動としては2017年の活動をみなさんのお陰で無事に楽しく終えることが出来ました。
出会ってくれた全ての方に心からの感謝を!
そして、ご縁があればまた逢いましょう!
ありがとう!

一歩踏み込むということ

2018/01/05

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
あなたはどんな年納めをして、どんな新年を迎えていますか?

僕の2017年は本当にあっという間に過ぎ去った。。。

諸先輩方から
「30代はあっという間、40代は更にあっという間に終わってしまう。。
どんどんその速さは加速するから気をつけろ。」と
度々言われていたけれど。。。
確かに、毎年毎年その感覚が身に染みて、、、、

以前聞いた話で、
人は年を重ねるごとに時間が経つのを早く感じる様になるのだとか。。
体感での生涯時間を10とした時、
僕らが体感的に感じる折り返し地点は20歳くらいの時点なんだそうな。。
20歳くらいまでに感じた時間の長さと、
そこから死ぬまでの体感時間が同じくらいってことね。

そう言われてみると、学生の時とかって「1年があっという間」っていう感覚が無かったかも、、、
どちらかというと、早く夏休み来ないかなぁ〜、とか。
早く休み時間来ないかなぁ。。とかw
1日の中での体感時間も今と全く違った。
最近なんて1日があっという間に終わってしまう。

ということで、20歳まで生きてきた時間感覚分しか、21歳の時から生きられないとしたら、
そりゃ、20代より30代、30代より40代、、、、と増す増す時間の経つスピードは加速していくわけだ。

その要因のひとつとして考えられているのが
年を重ねるごとに日々の生活の中に「変化(刺激)」が無くなってゆくことが大きいらしい。

僕らは生まれた瞬間から刺激に満ちていた。
目に入るもの全てが初めての物で
次第に人の顔を認識できる様になり、
泣いたり笑ったりでしか主張できなかったのが
言葉を話し出し、自我が芽生え始めると、
好き嫌いが生まれ、自分で物事を選択するようになる。
学校などを通じて徐々に他人との関わりが増えていく中で
恋をしたり、失恋したり、挫折したり、成功体験をしたり、コンプレックスを抱えたりして
様々な刺激の中をもがきながら「自分はどういう人間なのか?」みたいなところを模索していく。

そんな中でも学生時代から徐々に「時間割」という1日の中のルーティーンが生まれ、
就職して会社員にでもなれば、毎日決まった時間に起きて、仕事して、家に帰って寝る。みたいな大まかな生活リズムがほぼ固まる。
そうなると会う人や行く場所が限定されてゆき、
必然的に新たな出会いや発見が減っていく。
日々の中から「刺激」はどんどん失われていくのだ。

僕の場合は所謂会社勤めをしている訳でも無ければ、毎回決まった場所で同じ人と仕事している訳でもなく、
平日でも朝まで飲んでることもあったりと、上の話にはちょっと該当しない部分も多いけれど、、、、
それでも、何となく日々の生活リズムは何パターンかに限られてきていたりする。

それと同時に、社会的地位や、環境や、年齢、プライドなどが足かせになって
どんどん新たな刺激の元に飛び込んだり、受け入れたりすることに億劫になっていったり。

「いかんいかん。このままでは、あっという間に気付いたら人生終わってしまう。。。」
そんなことを以前より強く意識する様になってきたのがここ1年くらい。
そして2017年の初めに
「今年は自分に刺激を与える年にする!」
と密かに目標を立てたのでした。

生活のリズムが固まってしまっているならば、
新しいことにチャレンジして、そのリズムを崩してしまえばいい。
というか、何にもとらわれずやりたい事をやりたい時にやっていれば
そもそも毎日のリズムなんて逆に決められないんじゃないか?という発想に。
そこで。
【死ぬまでにやりたいことリスト】というものを作り、
思いつくままにやりたい事を書いていった。
未だに日々どんどん追加されているので大変な事になっている。。。。

昨年はそのリストから先ず「フルマラソンを完走する」にチャレンジし、
ボロボロに老け込みながらもなんとか完走しました。過去のSNSを参照。
(その後半年くらい膝の様子がおかしくなりましたが、、、、、)

そして先日リストの中の1つ「柔術の試合に出場する」も実行に移したのだった。
そもそも、柔術ってなんぞや?という方が多いと思うのだが。。。。
説明がなかなか長ったらしくなるので、興味のある方はこちらをご覧くださいw
http://letsbjj.site/?eid=58

1年くらい前から始めた柔術の初試合。
本当に刺激の塊の様な1日だった。

当たり前だけど練習とは全く違い、みんな必死だから思う様に動けないし、
力みすぎて腕パンパンになるわで、もう大変。。。
相手との駆け引きの中で、リスクを負ってどこまで行けるかみたいなところとか。
いざとなったら頭真っ白になって普段やれてる技忘れたり。。。
勝った試合もあったので
初めての試合としては、悔しい部分もあるけれど、概ね満足。

そして、
実は、柔術の試合の前にリストの中からもう1つ実行していたものが
それは。
「キックボクシングの試合に出場する。」

※臼井は左

柔術よりも少しだけ早く始めていたキックボクシング。
とは言え、途中から柔術に比重が傾いていたので、
あまり練習もできない状態での試合になってしまったんだけど
どうしても試合をしてみたかったので
とてもスリリングな経験だった。
練習のスパークリングではお互い思い切りやる機会は無いんだけど、
試合は当然思い切り殴り蹴り、殴られ蹴られだから防具を着けているとはいえ普通に痛いw
自分のパンチやキックを届かせたければ
相手のパンチやキックを受ける距離まで踏み込まなければいけない。
でも、やっぱり怖くてなかなかあと一歩が踏み込めないのね。これが。
何発か顔面とか頭にパンチ喰らって。
「あぁ。こんなに脳みそ揺れるのね」って始めて思い知ったし。
そうなるとどんどんビビっちゃってあと一歩が踏み込めなくなるし。
倒されることは無いまま試合を終えたけれど、
結果は判定負け。
内容的には、何もできず惨敗だった。
でも、始めて試合の緊張感の中で相手と対峙して知る恐怖。
これを味わえたのはとても大きな経験だった。
柔術の試合もそうだけれど、試合をしてみて自分の非力さを知ることで
改めてその世界の先輩や強い人へのリスペクトが増すというか。
物の見方が変わるんだよね。
それはどの世界においても同じだけれど。

「自分に刺激を」との思いで始めた【死ぬまでにやりたいことリスト】は
「その一歩を踏み込んだ時になにが見えるか」みたいなところになってきていて
そのチャレンジを続けていく中で
結果的に人生があっという間に終わってしまったとしたら
それはそれで幸せなのかなと思っている。

そんな諸々を含め
2018年は
「好きなことだけを好きな人と」をテーマに
生きる!

また少し人生が楽しくなってまいりました。

2017/12/22

まずは、先日の下北沢CLUB251公演へお越しくださった皆さん、ありがとうございました!
久しぶりのバンドでのライブ、楽しんでもらえただろうか!?
関東は元より、岩手から来てくれていたみんなも本当にありがとう!

約1年ぶりだったから、何を歌おうか、リハーサルで試行錯誤しつつ直前まで迷ったよ。
バンドで届けたい曲が沢山あるからね。
今回もリハーサルの中で、臼井と同じ様にライブの構成や選曲を親身に考えてくれる、まこっちゃん、木田くん、真野さんに本当感謝です。
演奏だけではなく精神的にサポートしてくれている大切なメンバーです。

今回のセットリストは以下の通り。

1.花吹雪
2.VERSUS
3.Je t’aime
4.Prism
5.blue moon night

この日の共演にはベクトル・ユーゴくんや高木誠司さんもいて
師弟TUNEさん、田島茜さんもとても素敵なライブをされていて、またご一緒できる日を期待しております。

次回のこのバンドでのライブがまだ未定なのがとても残念なんだけど、
来年は今年以上に沢山出来たらと思っているよ。

打ち上げではユーゴくんが早い段階で酔っ払って変な音を出しながら座りながら寝始めたので、
コンビニでチューブのワサビを買ってきて、指で口の中にねじ込んでやりましたw

悶えながら起きたと思ったら
口についたワサビを人差し指で拭い、それを臼井に食わせようとして
ペロンペロンの状態で「殺してやるー!」向かってきたので、
その手を掴んで、再びユーゴの口にリバースしてやりましたw

このやりとりを3回くらい繰り返し、
最後はこっそりワサビを添付したキャベツ太郎を知らずに食べた彼は
そのまま消沈いたしましたw

次の日彼から連絡が来て、全く覚えていないらしい。。。w

あぁ。楽しかった。

今年最後の12/26のベイシスでのライブもユーゴくんが一緒なので、
ワサビ持ってこっと。

さて、今年も残す所ライブはあと2本だね。
明日23日の中目黒City Of Mountaintopsと26日横浜ベイシス。
23日の中目黒は17:00位の出演予定だよ〜
ただ、plane 菊地くんのイベントなので、何が起こるかわかりませんw
今年最後に逢いに来てくれたら嬉しいよ。

そして、1月26日下北沢440でのCIRCLE OF LOVE vol,31には
aobahitoriこと青葉紘季氏の出演が決定!
そうです。
ベクトル・ユーゴのお兄ちゃんです。
こりゃ荒れるなw
楽しみで仕方ない。
わーぃ♪

FJ’s公演を終えて

2017/12/01

先日のFJ’s公演へ来てくださったみなさん、ありがとうございました!
初めてのFJ’s。とてもおしゃれな空間で一目惚れ。

共演の遠山八音さん、谷口崇さんも本当に素敵な方で、
ご一緒できて楽しかった〜
遠山さんとは一緒に遠山さんの「Challener」という曲と臼井の「渋谷零時五十二分」を演奏させてもらいました。
遠山さんの楽曲は臼井の持っていない「間」で作られているので、歌うのがとても難しかったけれど、
本当に勉強になった〜

イベント最後の全員でのセッションも、楽しい時間でした。
みなさんありがとうございました!

さて、次回のライブは久しぶりとなるバンドでのライブ!
12月14日(木)下北沢CLUB251
出演:臼井嗣人バンド(Gt 井手上誠 Ba 木田佳文 Dr 真野タカシ) / 高木誠司 / 師弟TUNE / ベクトル・ユーゴ / 田島茜

臼井嗣人の出演は19:25頃からを予定してます。
次回のバンドいつになるか未定なので是非w

本日は芸術鑑賞の日となりました。

2017/11/27

本日は朝から1日中六本木周辺をぐるぐる。
まずは国立新美術館で行われている「安藤忠雄展―挑戦―」へ。
自然とコンクリートの融合。ため息が出るほど美しい。

原寸大で再現された「光の教会」も素晴らしかった。

「表参道ヒルズ」や「東急東横線 渋谷駅」の様に、普段何気無く訪れている場所から、個人の邸宅まで幅広く存在する安藤さんの建築。
どれも斬新で、それでいてシンプルで、一貫した熱を帯びている。
本当にかっこいい。
こういう家に住みたい。

そんな妄想を膨らませながら美術館を後にし、
六本木ヒルズへ移動。
毛利庭園をお散歩。

  

紅葉が色づいて秋ですね。
とてつもなく寒かったけど。。。

そして、続いて向かったのは
こちら。

THE ドラえもん展 TOKYO 2017

そうそうたる芸術家の方々がそれぞれの解釈でドラえもんを表現するこの展覧会。
臼井も子供の頃から慣れ親しんだドラえもんがいろいろな角度から解釈され表現されていて面白かった。

  

   

色んなドラえもんw

撮影禁止の作品にももっとパンチの効いたドラえもんが居ました。
是非その目で確かめに行っていただきたい。

想像力と遊び心に溢れた空間だった。

とても有意義な1日だったなぁ。
1日を振り返りながらスタバで茶をしばいて
帰宅ラッシュに揉まれて帰ってまいりました。

なんかソワソワしている。

 

さて、明後日は
祐天寺 Cafe & Live spot FJ’sにてライブです。
初めて出演させてもらう会場でとても楽しみだ。
キクチユウスケくんのギフトショップの近くみたいだ。
良かったらそちらも併せて遊びに来てくださいな。

臼井の出演はトリの20:50〜21:35 (45分)を予定しています。
http://usuihideto.jp/live/

太陽吠えーるず!! Vol.8を終えて

2017/11/24

昨夜の太陽吠えーるず!! Vol.8へお越しくださった皆さんどうもありがとう!
ここ数年の年末の風物詩になっているこのイベントもとうとう8回目。
臼井は4回目?の参加。
毎年どんどん楽しさを増し、今回もたくさん笑った。
今回は石田匠さんとサガユウキくんが諸事情により不参加とのことで
8名での太陽吠えーるず!!
前回までとは違い、2人1組での4組でお届けしました。

実は数日前から風邪を拗らせていて、喉の調子が最悪だったので本番まで声を極力出さないように
存在を消そうと試みておりましたが、やはり、放っていてはもらえなかった。
青葉んとこのお兄ちゃん。。。。

青「あれ〜、なんだか臼井くん元気無くない?」
臼「いや、元気っす。ちょっと風邪気味なだけで。。自分本番にピーク持ってくんで。」
青「でたよ!臼井やる気無いよw」

といった具合である。

そして彼は、弟のユーゴくんとリハーサルから飛んだり跳ねたりキャピキャピしている。。。
ちくしょう。なんてフレッシュなハッピーおじさんなんだ。

その後は運良くタカハシコウスケくんが青葉氏の標的になり
「タカハシくん今日一言もしゃべって無くない?」とイジられていたので
わたくしもそこに乗っかり自衛に専念しておりました。。。。
タカハシくんごめんよw

そして、本番へ。

今回の組み合わせは、先日マルヤマさんの家で行われたミーティングという名の
飲酒おじさんスーパーファミコン大会にて決まり。。。
出演順は当日会場入り直後にあみだくじで決まるという画期的な流れで。。。。。

その結果、今回臼井はミウラヒデアキくんとペアになり、トップバッターでの出演となりました。
ミウラくんとは同じ学校の先輩後輩の仲でもあり、臼井がミウラくんを太陽吠えーるず!!に騙し入れたという仲でもあり。
ふたりだけで演奏するのは初めてだったこともあり、リハの時からとても新鮮かつ楽しかった。
ミウラくんは最近ギターリストとしてサポート業もおこなっていることもあり、
本当にギターが上手い。
なので、臼井はとても助かるw
先輩なのを良いことに、完全に彼のギターに甘えまくってやりましたw

今回ふたりで歌ったのは臼井の「愛文-aibumi-」そしてミウラくんからのリクエストで「渋谷零時五十二分」
ミウラくん(カムロバウンス)の「The Outsider」と僕がリクエストした「雨があがる前に」
カバー曲で宇多田ヒカルさんの「Distance」をお届けしました。
いや〜。本番も楽しかった〜。
あっという間に終わってしまった感があり、もっとミウラくんと歌いたかったな。
またの機会を楽しみにしていよう。
無事に声も出て良かった。。。

早々にトップバッターで出番を終え、後は、今回初めての試みでもあるイベント中盤での全員でのトークコーナーと
最後にお決まりの全員セッションを残すのみとなっていたので、
楽屋でみんなと話していたのだけれど、
やはりここでも青葉氏が臼井を悪者にするといういつもの流れが始まり。。。(私がそうなるように発言している節もあるんだけどw)
それにツッコミを入れた岡本雄希くんが迷言を放ち、結果、その迷言のせいでトークコーナーから打ち上げまで岡本くんはいじられ続け
最後の方、真剣に凹んでたw

最後の全員セッションでは
毎年恒例の「Choo Choo TRAIN」に始まり、今回は懐かしのMR.BIG「To be with you」をお届けしました。
そして、これまたお決まりの、曲の一番最後に青葉氏がセンターに躍り出て来て、
高音ファルセットでギリギリピッチが怪しい隙間風の様なファルセットで締めるという流れ。

そう。このイベントへお越しいただいたことがある方ならみんな知っているあの流れです。

しかし、、、、今年の青葉さん、、やっちまったよ。
去年まで披露していた匠の技「安定の不安定ファルセット」をしくじり
なんか、普通に歌が上達していて
きれーなファルセットで締めくくるという大失態をw

本人は至って満足げな顔をして帰って来ましたが、
そこへ全員から総ツッコミw

本人は
「なぜ歌が上手くなって怒られるんだ!!」と
至極真っ当なことを言っていましたが。。。
先輩。 あれは。  完全にやっちまってましたよ。    w

そんなこんなで、今回も終始笑の絶えない太陽吠えーるず!! だった。
みんなで安心してキャピキャピ出来たのも、今回の幹事マルヤマカズヒロさんの仕切りのお陰。
マルヤマさん始めメンバーの皆さん本当にお疲れ様でした〜

次回はタカハシコウスケくんが幹事。
全員揃って迎えられたら嬉しい。

出演:青葉紘季 / 三輪美樹生 / 岡本雄希 / マルヤマカズヒロ / 臼井嗣人 / タカハシコウスケ / ベクトル・ユーゴ / ミウラヒデアキ(fromカムロバウンス)

青山RizMにて

2017/11/20

昨夜はアランヒルズのワンマンライブを見に。

今回はバンド編成では無く、完全に彼ら二人だけでのステージ。
シンプルな弾き語りスタイルから、エフェクトをかけた音でのスタイル。
途中、ラジオ放送を挟んだり、カラオケをしたりw
しかも初披露の新曲が8曲!
盛りだくさん且つ、これからのアランヒルズの進む道を力強く見せつけられたステージだった。
途中、匠くんにステージ上から名指しで呼ばれたのにはビックリして変な汗出たw

打ち上げにもお邪魔させてもらって、
素敵な出会いもあり、結局お開きになったのが3時くらい。
しっかりとした千鳥足で帰ってまいりました。
とても楽しい時間だった。
匠くん、匡くんありがとう!

CIRCLE OF LOVE vol,30を終えて

2017/10/29

昨夜のCIRCLE OF LOVE vol,30へお越しくださった皆さん、ありがとうございました!

節目の30回目に出演してくださった古澤剛くんと高木誠司さん、本当にありがとうございました!
古澤くんは2度目のC.O.L出演、高木さんは初めての出演でしたが、
この3人でやれて本当に良かった。

古澤くんは相変わらずパワフルな声で、時に優しく、「なくてはならないもの」が名曲で最短距離で心を鷲掴みにされてしまったし、
高木さんの楽曲はどれも臼井のツボで特に「ブーゲンビリアに雨」のメロディーが頭から離れず、高木さんが歌っている時、楽屋で自分の出番を控えながら、まこっちゃんとコミと3人でサビを繰り返し口ずさんでいたw

お互いスタイルは違えど、今回の3人は共通する匂いを感じる部分があって
なんだかそれを共有できた夜になった様な気がして、嬉しかった。

高木さんがしきりに「本当に楽しかった〜、終わるのがもったいない」と
言ってくれていたのも本当に嬉しかった。

そして、今回久しぶりに一緒にステージに立ってもらったギター井手上誠くんと
パーカッション小宮山斉くんにも最大の感謝を。
やっぱり最高に素晴らしいアーティスト。
なんの不安もなくステージを楽しませてもらえたのはこの二人のおかげです。
ありがとう!

「臼井は曲は良いけど性格は輩だ」という青葉紘季氏のマイナスプロモーションにより、高木誠司さんが臼井を完全に警戒した状態で迎えたイベントでしたが、
少しは好感度を上げられたのだろうか、、、w

なにはともあれ幸せな夜だった。
来てくれたみんなも楽しんでくれていたなら幸せです。

遊びに来てくれたダテシモこと下舘夏希ちゃん。
まこっちゃんもサポートしています。
久しぶりに会えて嬉しかったよ〜
ありがとう!

そして

今週のVERSUS Tシャツガールズですw

ありがとう!

そして!

次回のCIRCLE OF LOVE vol,31は
2018年1月26日(金)に決定!

更に!

2017年12月14日(木)は久しぶりにバンドでライブします!

真ん中の強うそうな人以外のメンバーでお届けします。

下北沢251に是非!
高木誠司さんも一緒♪

再びの岩手へ

2017/09/06

6日ぶりに訪れた岩手。
当たり前だけど、本当あっという間w
初日のclub changeは初めての会場でワクワク♪
いつもライブさせて貰っているthe five moriokaとはまた全然違い、歴史あるバンド箱という感じ。
臼井がバンドをしていた頃に出させて貰っていたライブハウスと近い匂いをまとっていて、なんだか懐かしい感じがして好きだな〜

以前に一人で盛岡市街を1日散歩した際に訪れた盛岡八幡宮からすぐの場所にあったので、リハーサル後、参拝に。


とても静かで心落ち着く場所。
心を鎮め、ライブへ挑むべく、会場へ戻ると


会場の一階が柔術道場で、ソワソワして心が乱れるw

ちょっと聞いた?!
只今入会の方には道着をプレゼントですってよ。
奥さん。

この前買ったばかりだったから、なんとか誘惑に持って行かれずに済んだ、、、

そんなこともあり、楽屋でタマゴサンドをかじっていると、


エンジェルパウダー松本哲也氏が遊びに来てくれた。

謎のポーズで。。。w
次の日、早朝からの移動だというのに、
最後までライブを見てくださり、
本当に嬉しかった!
哲也さんありがとうございます!

ライブは36歳初のステージということで、
変なテンションでお届けしました。。。。

そして、ライブ後は来てくれたみんなに
誕生日を祝ってもらい、
久しぶりにハッピーバースデーの歌を歌って貰いましたw


みんなありがと〜♪

そして、終演後は共演者のみんなと、店長中村さんとで打ち上げ♪
地元岩手の有望な若手シンガーのみんなと色々な話が出来て、
自分が彼等くらいの年齢だった時に重なる部分や、全く異なる部分、
僕自身も色々と考えさせられる時間だった。
中村さん、みかこちゃん、木村圭貴くん、凱くん、
そして、美味しいご飯とお酒を出してくれた梵游(ぼんゆう)さんありがとうございました!

本当にどの料理も美味しかった!
そして安いっ!
こんな天国みたいな店が近くにあったら、
毎回打ち上げで訪れたい!

梵游さんは美味しいご飯やお酒だけでは無く、
店内のBGMがブルーハーツということでもお馴染みらしいのですが、
何と!9/10までの1週間、臼井嗣人の曲をヘビーローテションしてくださるとのこと!
嬉しい限りです!
是非、梵游さんの美味しいご飯を食べながら
臼井嗣人の音楽を楽しみに行ってみて下さい〜

ご馳走さまでした〜♪

こうして1日目の夜は御開きとなりました。

2日目、ふれあいランド岩手でのライブ♪
会場に到着すると、本当に沢山の人!!
なにやら、述べ18000人位の人が今回のイベントに参加していたとの事!
凄っ!

ライブ後には沢山の方が物販席に並んでくれて、CDやタオル、Tシャツを手に取ってくれて感謝です!
みんなと話したり写真撮ったりと楽しい時間だった〜
臼井嗣人マフラータオルを女子達が頭に巻くのを考案していて、可愛らしくて臼井こっそりキュンキュンしてましたw
そして、色々とバタバタ過ぎてふれあいランド岩手での写真を1枚も撮っていなかった、、、、
また呼んでもらえたら嬉しいな〜
来てくれた皆さん、ふれあいランド岩手の皆さん、本当にありがとうございました!

こうして岩手での2日間に渡るライブは終了したのでした。

まだ次回の岩手行きが決まっていないのが残念なところだけど、
また必ず岩手に帰るので、
みんなに逢えるのを楽しみにしています!
ありがと〜!!
そして、臼井が誕生日への沢山のプレゼントを
本当にありがとう!!

1 / 912345...最後 »