横浜の夜

2017/05/12

先日の横浜ベイシスでのライブ。
来てくれた皆さん、どうもありがとうございました!
今回はバラード中心のしっとりしたセットリストでお届けしました。
理由はMCで話しましたが、ざっくり言うと、センチメンタルだったからw

1.春紫苑
2.満月
3.花吹雪
4.アイノカタチ
5.愛文-aibumi-

たまにはこんな感じも良かったね。
今回は岡本雄希くんと菅野翔太くん以外はお初の共演アーティストさん。
特に、たんげまことくんのライブが素晴らしくて、舞台袖でずっと見入ってしまった。

終演後は、体調があまり良くなかったこともあり早めに帰ろうと思っていたんだけど、
店長三井さんに酒マジックをかけられ、、、w
終電を無くし、、、
結局3時まで飲んでおりました。。。
そして、飲んで分かったことは、、、たんげまことくんは、、、愛すべき。。。アホですw
とても面白いやつだった。
良い出会いでした。
帰りは、心やさしき岡本雄希くんが車で送ってくれて帰宅。

なんか、最近朝まで飲んでることが多いな。。。

次回のライブは5月19日 (金)
生熊耕治くん主催【唄会vol.2】です。
2マンライブ!

生熊耕治くんこと、いっくんは、実は臼井がデビューしてから数年の間、サポートメンバーとして
臼井バンドでギターを弾いてくれていました。
当時はcuneのギターリストとして活躍していたけれど、
現在はcuneのボーカルギターとのことで、
ボーカリストのいっくんと一緒にライブする日が来るとは思ってもみませんでした。
とにかく楽しみ。

詳しくはこちらをチェック〜
http://usuihideto.jp/live/

さて、本日は天気が良いので、家中の窓を開け放ってクローゼットの整理でもしようと思ってね。
臼井は年300日以上デニムで過ごしているくらいデニム好きなんだけど、
改めて整理してみたらなかなか持ってるな、、、と。

9本あった。。。
先日後輩にいろんな服と一緒に数本あげたばかりなのに、まだこんなに、、、
基本的には色の濃いデニムが好きなので、色落ちしてきたら新しいのを買うということをしていたら、そりゃ増えるわな。
色落ちしていく過程も、自分が履いてきた歴史が刻まれている様で好きではある。
何にせよ、デニムが好きなのである。
最近のお気に入りの「KURO」のデニムは3本も持っている。
さすがにデニム以外のパンツも買おうと思った時に、
あまりにデニムばかりだから、どんなの買ったら良いか若干わからない。。。
なんかもう一生デニムでも良いかも。
デニムのセットアップでも買おうかな。

さ。曲書こう。

盛岡での時間

2017/05/05

5月2日の盛岡the five moriokaでのライブへ来てくれた皆さん、本当にありがとう!
もう数え切れないくらい岩手に行っているけれど、岩手のライブハウス主催のイベントに出演したのは実は今回が初めて。
3周年イベントに呼んでもらいました。

今回は、昨年いしがきミュージックフェスティバルで同会場で楽屋でご挨拶させてもらっていた花男さん、そして、鶴の秋野くん、Logiのみなさんでした。

終始温かい雰囲気のイベントで、
とても幸せな気持ちで歌わせてもらった。
岩手のみんなのウェルカム感が嬉しかった。
ファンの方曰く、この日の臼井のライブ?MC?はドSだったようだw
とにかく楽しかったよ。

終演後は出演アーティスト&the five moriokaの皆さんとで打ち上げ♪

いやぁ〜飲んだ。。。
CLUB CHANGE GROUP代表の黒沼さんとも初めてちゃんと話せたけど、
かなり楽しかった。
ただ、この写真の目つきw

2次会は生き残った?ボーカル4人とthe five morioka店長の中村さんで♪
後半記憶が曖昧だけど、楽しかったという感覚だけはちゃんと覚えているw
外へ出た時は4:30だった。。。

次の日は奇跡的にチェックアウト時間の30分前に目を覚まし、、、シャワーを浴びてお出かけです。

岩手山が綺麗だった。
まだ酔っ払っていた。。。

そんな中向かったのは、ライブの時にお客さんが教えてくれた桜を見に盛岡城跡(岩手公園)へ。

ちょうど枝垂れ桜が綺麗だった〜

イロハモミジというこの葉の色、すごい好き。
良い色。

花見を楽しんだ後は、夕方まで休憩w

なぜさっさと東京に帰らないかって?!

人に会うためさ。

テレビ岩手のみなさん♪
お仕事終わりに皆さん集まってくれて、
終電までの時間を満喫しました〜

お馴染み、ディレクターの中野さん、そして、あみさんに、
吉岡アナ、矢野アナ。

前回の臼井嗣人presents CIRCLE OF LOVE vol,28番外編岩手公演へも遊びに来てくれた皆さん。
前回は一緒に飲みに行くことが出来なかったので、こうして時間が取れて本当に嬉しかった。

ただ、、、なぜか臼井と中野さんと吉岡アナが天然キャラだとの話になり、、、、
臼井が言われる原因に心当たりはあるのですが、、、、
吉岡アナの天然エピソードを聞いたら、殆んど自分も経験があることで、
若干凹んだw

中野さんのエピソードは、天然というか、ちょっと笑えない部類のやつでw
若干心配になったw

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、後ろ髪を引かれながら
最終新幹線で東京へ帰りましたとさ。

次回の岩手でのライブは未定ですが、
ライブMCでも伝えましたが、
臼井は強く信じております。

黒沼さん。

テレビ岩手さん。

w

 

また1日も早く岩手に帰れる日を夢見て。

 

C.O.L vol,28を終えて

2017/04/30

またまた久しぶりのブログ更新に、、、、
前回の更新後にライブが3回。
4月9日中目黒でのplaneキクチユウスケくんとの2マン。
4月23日の渋谷gee-geでのトミタショウゴさんイベントでの岡野宏典くんと昼の3マンライブ。
そして4月28日の臼井嗣人presents CIRCLE OF LOVE vol,28。
各ライブ、来てくれた皆さんありがとうございました!
皆勤賞のあなたにも最大の感謝を!

キクチくんとの2マンは2度目だけれど、普段から仲良くさせてもらっている彼とのライブ。
中目黒City Of Mountaintopsのあの個性的な会場の環境を活かせる、かなりパーソナルで、いい意味で力の抜けたイベントになったと思う。
8月11日(祝・金)には同会場でキクチユウスケpresentsのイベントへ出演が決まっています。
9組のアーティストが出演するこのイベントは、チケットの発売方法がユニークで
キクチくんが各出演アーティストのライブ会場に出向き、手売りで各アーティスト5枚限定でチケットを発売するという方法のみで
行なうそうです。
ちなみに、臼井の分の5枚は、先日のライブ時にお陰様で完売致しました。
もし来たいと思ってくれる方は、キクチくん含め、今後発表になる出演アーティストの会場に行って頂いて、
先着5名のチケットをゲットしてくださいw
改めて、凄いシステムだな。キクチユウスケ。w

そして、23日のトミタショウゴさんのイベント。
トミタショウゴさんとはこの日が初対面。
岡野宏典くんが繋いでくれたご縁で実現した。
事前に聞かせて頂いたトミタショウゴさんの音源「Do the JOB」が素晴らしくて、
共演を本当に楽しみにしていた方でした。
3人同世代ということもあり、とても和やかな楽しい時間を過ごせました。
トミタさんが臼井の曲を1曲一緒に歌ってくれるとのお話を頂いたので
今まで人と歌ったことが無くて、トミタさんのイメージにも合う曲をと思い
「恋のダイス」を一緒に歌わせてもらいました。
自分の曲ながら、トミタショウゴ節で歌われた「恋のダイス」を、ギターを弾きながら聞き入ってしまった。
そしたらコードを間違えた。。。。
岡野宏典くんとも再びの「花吹雪」をセッションし、
久しぶりのお昼ライブ、本当に楽しかった。
お二人ともありがとうございました!

そしてそして、
28日の臼井嗣人presents CIRCLE OF LOVE vol,28。

今回は大森洋平さんとhuenicaのお二人が出演してくれました!
洋平さんとは恐らく5年ぶりくらいの共演。。。。
しかし、実は先日440で行われたとある結婚パーティーで洋平さんが「強烈なハッピーエンド」という曲を歌われていて
私、めちゃめちゃ感動いたしまして。
ふと、隣に座っていたaobahitori氏を見ると、
漫画みたいに、綺麗に一筋の涙が頬を「つ〜」と流れておりました。。。。

そんなことがあっての今回、本当に出演していただけるのが楽しみで、
しかも今回も「強烈なハッピーエンド」を聞くことができて最高に幸せでした!

huenicaとは、実はふたりとも臼井と同じ学校の同期だったりして、
もう15年以上の付き合いということもあり、
彼らのライブにも何度か遊びに行かせてもらったりと、
huenicaの音楽が純粋に好きなので、今回も出演してくれて嬉しかった!
しかも、洋平さんとhuenicaも昔からの仲良しということも当日知り、
打ち上げも含め、まだまだ話していたかった〜、、、、

そして、臼井の今回のカバー曲はBUMP OF CHICKENさんの「車輪の唄」
思えば高校生の時に初めて行ったライブハウスで(440の地下にあるCLUB251)で
お目当のバンドの対バンで出演していたのがBUMP OF CHICKENさんで。
それからCDを買い、以降BUMP OF CHICKENの音楽には多大な影響を受け、
特に藤原基央さんの書く歌詞の世界に魅せられ続けている。
情景が浮かび、感覚を言葉に落とし込むその歌詞はまるで小説を読んでいるようで。
のちに、トイズファクトリーさんという同じレーベルに所属させて頂いた時も
密かにかなりテンション上がっていました。
そんなBUMP OF CHICKENさんの「車輪の唄」を今回歌わせてもらって
改めてその歌詞を見て、「やっぱり凄いなぁ」となんども思った。
また、曲を書くモチベーションが上がった。

長くなってしまったけれど、
今回も来てくれた皆さん、そして、出演してくれた大森洋平さんとhuenica
下北沢440の皆さん、本当にありがとうございました。

次回のC.O.L vol,29は7月28日(金)に決定!
是非遊びに来てください!

そして、次回ライブは5月2日(火)岩手 the five moriokaにて3周年記念イベントに出演します!
花男さん、秋野温(鶴) さん、Logi(acoustic ver) さんとの豪華共演。
とても楽しみ!
岩手のみなさん逢いに来てください!

他にも楽しみなライブが沢山決まっている!
チェックしてみてください〜

http://usuihideto.jp/live/

楽曲提供のお知らせ

2017/04/06

もうすっかり春だね。
目黒側沿いの桜は満開で。
沢山の人達で賑わっていて。
なんだかその光景だけを切り取って「世界は平和だな」とか思ってしまった。
ウォーキングデッドを見た直後だったから、それとのギャップせいかねw

さて、ひとつお知らせです。
4月12日(水)に発売のTama(ex.Hysteric Blue)さんの3rd Solo Album「BITTER」へ
臼井が2曲楽曲提供させて頂きました。

光栄なことに臼井のアルバム「あしたのできごと」や「VERSUS」を聴いてくれていたTamaさんから、
直接ご要望頂き今回の楽曲提供が実現しました。

彼女の印象的な歌声やアーティスト性と臼井節の詩やメロディーがより良い形で融合する形を
模索して作詞作曲をさせて頂きました。
Tamaさんの音楽に新たな色を添えられていたら、これ幸いです。

youtubeでダイジェスト版の音が聴けるようになっているので、
まずはそちらで触りだけでもお楽しみに頂けたら嬉しいです。

2017.4.12 発売Tama 3rdアルバム「BITTER」
BNTA-0003/¥2,037 + 税

全8曲収録
1. Prologue of BITTER(作曲:重永亮介)
2. ラブレター (作詞:Tama 作曲:重永亮介)
3. 桜吹雪 (作詞:Tama 作曲:重永亮介)
4. あなたは神様(作詞:Tama 作曲:重永亮介)
5. 明日は明日の風が吹く(作詞:Tama 作曲:重永亮介)
6. 真夜中のバレッタ (作詞・作曲:重永亮介)
7. バタフライ (作詞・作曲:臼井嗣人)
8. 運命の人 (作詞・作曲:臼井嗣人)
Sound produced & Arranged by重永亮介

お買求めはコチラへ
Amazon
http://urx2.nu/CCEG

素晴らしき過去と未来

2017/04/04

東京は桜も咲いて、暖かな日も増え、もう春だ。
なんだか今年は花粉症もさほど酷くないし、数年ぶりに春を心置きなく楽しんでいる気がする。
春って
素敵ね。。。。

先日の渋谷eggmanでの
ALLaNHiLLZ×shibuya eggman Presents【HaLLELUJaH-ハレルヤ- vol.41】-Spring Special-へお越しいただいた皆さん、
どうもありがとう!

ALLaNHiLLZのふたりにお誘いを頂いて、今まではこのイベントに遊びに行くこと数回。
やっと出演する側として読んでもらえましたw
ALLaNHiLLZはもちろんのこと、共演のreading note、浦沢直樹BAND、No.528 とどのアーティストも個性豊かで
刺激的で、かなり影響を受けた夜になった。

臼井はというと1月のshedリリパ以来の東京でのバンドライブ、
メンバーはお馴染みの井手上誠、木田佳文、真野たかしのお三方。やはりバンドは良いね。
とても楽しい時間だった。
この日のライブの模様はyoutubeにも数曲アップしたから見てみてね。

https://www.youtube.com/user/usuihidetojp?feature=mhum

そして、この日のセットリストも載せておこう。

1.満月
2.VERSUS
3.素晴らしい日々
4.blue moon night
5.Prism

なにげに「VERSUS」を久しぶりに歌った。
そしたら酸欠になったw

何はともあれ、、、
素晴らしいイベントに誘ってくれたアランヒルズのふたり、本当にありがとう!
また一緒にやろうね〜

そしてそして、次回ライブは
4月9日(日)planeキクチユウスケくんとの2マンライブ♪

この中目黒City Of Mountaintopsでの2マンは昨年に続き2度目。
普段、歌う前は決してお酒を飲まない臼井ですが、
この2マンに関しては、なんなら飲みながら歌いますw
BARのカウンター越しに生音でお届けするという本企画。
特に時間の縛りもなく、来てくれたみんなとの会話も楽しみながら
歌をお届けできたらと思っています。
そして一緒に飲みましょ〜

そしてそしてそして!
今月もうひとつのライブ 4月28日(金)臼井嗣人presents【CIRCLE OF LOVE vol.28】
の出演者が決定!
大森洋平さんに続き出演が決定したのはhuenicaのおふたり♪
メインボーカルの伊藤サチコちゃんは以前ソロでCIRCLE OF LOVEに出演してくれたこともあり、
今回はご夫婦でやっているユニットhuenicaで出演してくれることに!

huenicaのライブは昨年やっと見に行くことができて、
その時にもの凄く素晴らしくて、実は何度かC.O.Lにお誘いさせてもらってきたんだけど、
今回やっとタイミングが合ったという訳。

先週もhuenicaのライブに遊びに行って来たんだけど、
素敵なライブで、益々出演してもらうのが楽しみになった!

4月28日は三者三様の個性で彩られる下北沢440へ是非♪

出演:臼井嗣人 / 大森洋平 / huenica

詳しくはこちら
臼井嗣人HP http://usuihideto.jp

死ぬまでにしたい10のこと

2017/03/20

昨日は人生初のチャレンジを。
フルマラソン。
飲みの席のノリで出場することになり、、、、
シューズを新調し、準備万端で臨むつもりが、
結果、練習を6回しかしないという状態で臨むことに、、、、、
なぜ、そんな状態で臨んだかというと、
3回目くらいの練習の際に左足首を負傷してしまい、
本番も迫っていた時期だったので、悩んだ末、練習よりも
怪我を治す方に専念する方を選んだ。ということと、
キックボクシングのジムに夢中になりすぎて、
そちらの練習ばかりしていて気付いたら、本番を迎えていた、、、という点(汗
途中から、練習は諦め、メンタルを鍛えることに専念w

なにはともあれ、そんな状態で本番を迎えることに。
左足首は結局完治せず、、、(ジムに行っていたせいだという噂も。。。)
朝9:00のスタートに向けて会場に着くと、沢山の人、人。



初めてなので、何をどうすれば良いのかもわからず、友人に教えられるままバタバタ着替えたり、
トイレに行ったりしていたら
もうスタートの時間。
今思うと、ストレッチとか全くしてなかった。。。



スタートです。
一緒に行った友人達はフルマラソン経験者で、タイムも4時間台なので、
一緒についていくと、途中で潰れると判断し、
最初から一人で行くことに。
練習で走った距離の最長は10キロ。
そこから先は35年生きて来た人生の中で初めて味わう未知の領域。
そして、練習で走った総距離は39キロ。
トータルでもフルの距離走ってない。。。。
バカヤロウですね。

10キロ地点の段階では、練習の時より意外と順調。
きっと練習の時とは違いみんなで走っているから、気持ち的にも引っ張られて
アドレナリン出てたんだろうね。
しかし、、、
18キロ地点で股関節に異常が。
そこからは順調に、膝、足首、なぜか肩が悲鳴を上げ始めますw
そして、折り返し地点までが長い、、、
ただ、まだこの時点では若干気持ちにも余裕があり、
「これ位なら、意外と余裕かも」と思っておりました。
やっとの思いで折り返し。
その瞬間に気付いちゃったよね。

強烈な向かい風

「あ、終わった。。。」

ここでだいぶ心が折れかけますw
下半身の痛みもピークに達し、
もうただの我慢大会スタートです。

iPhoneで音楽を聞きながら走ってたんだけど
ここに来て初めて
ZARD「負けないで」を入れていない自分を呪ったね。

事前の作戦では「30キロ地点から少しペースを上げてぇ〜」
とか思っていましたが、無理ね。
現状維持も無理。
もうね、足もげてるから。
腰もずれてるから。
30キロ地点くらいから沿道で休んだり倒れたりしている人が続々、、、
同じくそちらに仲間入りしようかとも思ったが、
多分、一度止まったら、もう動けなくなると思い。
なんとか我慢。
唯一、一度だけトイレに行ったら
まさかの人生初の血尿。。。
マラソンが原因なのかは分かりませんが、、、、

新たに生まれた違う不安も抱えながら、、、、満身創痍で40キロ地点。
そこまでは歩いたり、走ったりでなんとか来たが、
最後の2.195キロは走って終わろうと決めて
ヨチヨチなんとかゴール。







だいぶ老け込んだな。。。
なんか前髪チョロってなってるしw

タイムは5時間20分。

6時間半くらいかかると思っていたから、
完走できたし、まぁ良しとしましょう。

死ぬまでにしたいことリストの中の1つを達成できたので
大満足です。

他にリストに入っていること。
・スカイダイビング
・久しぶりに海外ひとり旅
・格闘技の試合に出る

まだありますが、あとはナイショ♪
なるべく早く成し遂げよう。

フルマラソン後は大好きな焼肉屋東京苑でみんなで打ち上げ〜!



ビールが美味しい!



肉が美味しい!

そして身体が痛いw

焼肉後は場所を移し
結局3時まで飲んでたな、、、

本日起きて気付いたことは
顔が日に焼けて真っ赤なのと
昨日の3倍くらい身体が痛いということ。。。

去年から始めた格闘技もそうだけど、
新しいことにチャレンジすると、
自分の無力さや可能性を知ると共に、
その道の先人達の本当の意味での凄さを思い知り
リスペクトする人が増える。
とても大切なこと。

これからも心のおもむくままに
いろんなことにチャレンジして行きたいと思うのです。

おしまい。

CIRCLE OF LOVE vol,27番外編岩手公演を終えて

2017/03/15

3月11日、12日と2日間に渡り岩手でのライブ、会いに来てくれたみなさん。
本当にありがとう!
まずは、岩手で初開催となった臼井嗣人presents CIRCLE OF LOVE。
いままで東京以外では大阪で一度開催した以来の今回の岩手公演。
ゲストにはCIRCLE OF LOVE 記念すべきvol,1に出演してくれた竹森マサユキくん(カラーボトル)、
そして、地元盛岡を中心に活躍中の村松徳一くん。
村松くんは、存在は存じ上げていたけれど、お会いするのは今回が初めて。
色気と、どこか哀愁が漂うその歌声に、リハーサル時からシビれました。
1日を通して色々お話する中で、彼の真っ直ぐさに、歌は元より、別の部分でも
とても魅力的なナイスガイでした。
竹森くんは臼井がデビュー当時からの付き合いなので
彼の素晴らしさは知っておりましたが、何気に会うのは数年ぶりで、、、、
近況を含め色々話していく中で、お互い大人になったなぁとw
竹森くんはやはり久しぶりに会っても魅力的で、
なんだか上手く言えないんだけど、カッコイイんだよね。
考え方とか、たたずまいとかが。
ライブも本当に素晴らしくて、久しぶりにバンドでは無くひとりでステージに立ち
歌う竹森くんを見たけれど、鳥肌もんだった。
本当に今回のゲストが村松くん、竹森くんで幸せだった。
そして、会場で一緒にCIRCLE OF LOVEを作り上げてくれたみんなにもありがとう!
the five moriokaの皆さんもありがとうございました!

最後にみんなで記念撮影♪

遊びに来てくれたテレビ岩手の皆さん♪

そして、臼井、竹森くん、村松くんで♪

沢山の愛のこもったプレゼント、手紙をありがとう!

そして、時系列がさかのぼりますw
CIRCLE OF LOVE前日の11日はタワーレコード盛岡店さんにて
インストアライブ。

タワーレコード盛岡店さんでは初めてのインストアライブでしたが、
沢山の方が会いに来てくれて嬉しかった!
来てくれた方とお話をしていて印象的だったのが、
「ライブハウスにも行きたいけど、行ったことが無いので、なかなか一人では行きづらくて、、、、」といった声を数名の方から頂きました。
自分は出演している側であったり、昔から抵抗無く一人でライブハウスに行っていたタイプなので今までそういうことをあまり意識したことが無かったけれど、
言われてみると確かにそういう感覚を持っている方が多いのも頷ける。。。
野外のフェスなどのステージやインストア、カフェライブなどにもそれぞれに良さもあるけれども(開放感、近さ、入りやすさetc…)
でもやっぱりライブハウスという場所を主戦場にしている臼井としてはライブハウスの良さを一人でも多くの人に知ってもらいたいという想いもあります。
ライブハウスと言っても会場によって様々なので一概には言えないけれど
逆に言うと会場それぞれの音の違いや、コンセプト、照明まで本当に様々。
そして、ライブハウスに対して「なんだか恐い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが
大丈夫ですw
一昔前は確かに危ない時代もあったみたいですが、、、、
そして、手前味噌ですが、臼井のライブを見に来てくれているみんなは
素敵な人ばかり。
最初は一人で来てくれていいた人が多いと思うんだけど、
何度か会場で顔を合わせていくうちに仲良くなって
一緒に来てくれたり、会場で一緒にライブを楽しんでくれたりと。
臼井としてもそういうのってとても嬉しいです。
元々CIRCLE OF LOVEというイベントはそういう光景を見たくて始めたイベントでもあるからね。
だから、「一人ではなかなか、、、、」と思っているあなたにこそライブ会場に来てもらいたいんだ。
今回の岩手での時間の中で改めて気付かせてもらえた想いでした。

そして、今回奇しくも岩手へ3月11日に行けたこと。
インストアライブ2ステージ目の直前の14:46。
イオンモールさんの全館放送では、黙祷の呼びかけ。
控え室にて黙祷を捧げました。
ライブを終え、ホテルへ向かう途中の盛岡駅前では
JRの職員の方々を中心に、
「3.11 輪」と象られたキャンドルへの点灯式をしていて、
偶然通り掛かった僕にも点灯を勧めていただいたので火をつけさせていただき
みんなで黙祷しました。
最後に駅長さんが涙ながらに「こうして一緒に黙祷してくださりありがとうございます」と
声を詰まらせていた姿に、僕なんかには想像すらできないことを経てこられたんだなと、胸が苦しくなった。

思えば、テレビ岩手さんのCMを切っ掛けに岩手へ行く機会が増え、もう20回近く行っていると思う。
昨年は初めて個人的に岩手を旅行した。
その前からも沿岸地域にも何度か行き、震災後の甚大な被害を受けた光景から、
毎回行く毎に復興へ向かって動いているもの。逆に止まってしまっているものを目にしてきた。
岩手の方々から震災についてのお話を伺う機会もあった。
その中で、多くの方から出た言葉。
「忘れないでほしい」
「まずは、被災地に来てほしい」
という声。

本当に切なる願い。
僕も、実際に沿岸地域に行くまで、被害の甚大さが分かっていなかった。
多分未だに本当の本当のところまでは分かれていないとも思う。
ただ、何度も行く中で僕は岩手がどんどん好きになる。
海の幸、山の幸、川の幸に恵まれ、
温泉まである。
そして何より、人が温かい。
こんなに素敵な場所を僕は他に知らない。

県外の人間がこんなことを言うのはとても無責任なことかもしれないが、
誤解を恐れず言うなら。

もし、あなたが「被災地に行く」という心構えが重荷になって機会を失っているのならば
是非、岩手という場所を「楽しむ」為の旅行に行って欲しい。
本当に良い場所だから。
結果として震災のことを想う切っ掛けがあなたの中に生まれたならば、
それで良いんだと思う。

僕は関東の実家であの地震にあった。
たまたま庭にいた時だった。
庭から見た我が家は、しなるように横に揺れていた。
家の中には兄。その横には怯えて動けなくなっている愛犬。
電線は波打って、近所から悲鳴が聞こえていた。
あの光景は恐らく一生忘れない。

きっと、あの時どこに居たかに関わらず、
それぞれの3.11があって、それは今後も変わらない。

岩手に限らず、まだまだ僕の知らない被災地が沢山ある。
僕なりの向き合い方で、あの日を忘れずにいたい。

C.O.Lvol,26を終えて

2017/01/30

先日のCIRCLE OF LOVE vol,26へお越しくださった皆さんどうもありがとうございました!

岡野宏典くん、倉品翔くんをお迎えした今回、
お二人とも圧倒的な「声」と叙情的な楽曲が本当に素晴らしく、
イベント主催者として、歌い手として、いちリスナーとして本当に良い夜になった。
昨年初めて今回の3人で晴れたら空に豆まいてで共演した時から
またこの3人でイベントがしたいと思っていた夢が叶い、その点でも特別な夜でした。
岡野くん、倉品くんありがとうございました!

そして今回はサポートにお馴染みGt.井手上誠に加え、アルバムVERSUSのレコーディングにも参加してくれたKey.鈴木謙之を迎えての
初めての編成。
Shed収録曲が音源とは違った形で表現でき、新たな可能性を感じた。
二人とも素晴らしい演奏をありがとう!
また一緒にステージに立ちましょう!

そして、次回のCIRCLE OF LOVEは
岩手初上陸!
3月12日(日)臼井嗣人presents【CIRCLE OF LOVE vol.27番外編 岩手公演】
@the five morioka

そしてそして!
その次のCIRCLE OF LOVEが早くも決定!
4月28日(金)臼井嗣人presents【CIRCLE OF LOVE vol.28】@下北沢440
出演者には以前から熱望していた大森洋平さんが大決定!
間違いなく暑い夜になります!

その前に!
次回ライブは2月10日 (金) は【Tomodachi ROCK Vol.1】@四谷LOTUS
出演:臼井嗣人 / plane / JImmy Hat / アシタカラホンキ
屋根の上のルーニー / コーユーエンギプラン

次々に楽しみなライブが決まりワクワクです。
こりゃ、1年があっという間に過ぎていきそうだ!

臼井嗣人3rdアルバム【Shed】リリースパーティー「キミ ト ボク ノ アイノカタチ」全公演を終えて

2017/01/27

昨日のShedリリースパーティー最終日大阪公演へお越し頂いた皆さん、ありがとうございました!
今回は久しぶりに大阪でのバンドライブであり、且つ初めて一緒に音を出す地元関西のミュージシャンのサポートでお届けしました。
いつものメンバーともまた違った良さの光るバンドの音を出せた気がしています。
とても楽しかった!
来てくれたみんなも楽しんでくれていたら幸せです。


サポートしてくれたGt.キャプテンOG(ソラトビヲ) Ba.中村優太(MokeraMokera) Dr.濱野喬亮 素晴らしい演奏をありがとう!
また一緒にやりましょう!

そして、今回の大阪公演は元より、岩手公演、東京公演へお越し下さった皆さん、全公演皆勤賞のあなた、
会場スタッフの皆さん、関係者の皆様、逢いに来てくれた友人、ミュージシャン仲間、
そして出演してくれたカムロバウンス、aobahitori、奥村兄弟、大西拓馬、andRE
レコーディング並びに岩手公演&東京公演で一緒にステージに立ってくれた井手上誠、木田佳文、真野たかしに最大の感謝を。
本当にありがとうございました!



ここからまた【Shed】がより多くの人に届くよう歌って行きます!
早速息つく間もなく本日は東京に戻り、臼井嗣人presents CIRCLE OF LOVE vol,26@下北沢440でございます!
ゲストに倉品翔さん(GOOD BYE APRIL)、岡野宏典さんをお迎えしてお届けします!
サポートにはGt.井手上誠 Key.鈴木謙之を迎えての初スタイルで臨みます!
どうぞお楽しみに!

そして次回の大阪ライブも決定!
大分先ですが、、、6月7日(水)に南堀江knaveの15周年月間に呼んで頂きました!
半年後だけど、スケジュールを空けておいてくだされw

最後に全公演のセットリストを

12月4日 岩手公演 盛岡the five morioka
1.満月
2.暁
3.グッドラックイエスタデー
4.春紫苑
5.ダミー
6.アイノカタチ
7.レイラ
8.キャンドルナイト
9.素晴らしい日々
10.Lady Madonna
11.Reborn
12.恋のダイス
13.ワールドイズマイン
14.Prism
En
15.愛文-aibumi-
16.お元気ですか?
17.circle of love

1月13日 東京公演 下北沢CLUB251
1.満月
2.暁
3.グッドラックイエスタデー
4.ダミー
5.アイノカタチ
6.レイラ
7.渋谷零時五十二分
8.ワールドイズマイン
9.Prism
En
10.愛文-aibumi-
11.circle of love

1月26日 大阪公演 南堀江knave
1.満月
2.暁
3.グッドラックイエスタデー
4.ダミー
5.アイノカタチ
6.レイラ
7.素晴らしい日々
8.ワールドイズマイン
9.Prism
En
10.愛文-aibumi-
11.circle of love

明けましておめでとうございます

2017/01/01

皆さん明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

昨年を振り返ると色んな意味で「壊れた」年だった、、、、

記憶に新しいところでは、腰痛で初の入院をし、、、、

別件で肋骨にヒビが入ったり、、、、

そして実は8月に、リハーサルへ向かう途中、自転車でなかなか派手にクラッシュし、左肩を強打し、血まみれでスタジオに登場したり、、、、

いつでも一緒に居たMacBookProが御臨終したり、、、、

信号待ちでいじっていたiPadが手から滑り落ち、

焦って足を出して受け止めようとしたら
その足で蹴り上げてしまい傷だらけになったり、、、

リリースしたアルバムのジャケ写を見た友人に
「臼井、いよいよ壊れたか。。」と言われたりw

色々と「壊れた」年にだった、、、

ただ、自分的には全くと言って良いほど「悪い年だった」という感覚は無く、

むしろ、それぞれの「壊れた」エピソードに対して、
新たな経験や、気付きが得られたので
とても良い年だったと思っている。

iPadの件に関しては何もないけど、、、、

2017年は酉年と言うことで、臼井は年男なので、

なんか良いことある気がしてますw

もうね。

最近切に思うのは、

自分のやりたい事だけして生きていこうと。

もちろんやりたい事をする為の努力は必要だけど、

それ以外のやりたくない事は全て排除していこうと。

自分でチョイスして、それに責任を持って、人生を楽しんでいこうと。

35歳。

何となく人生の折り返し位のタイミングだしね。

そんなに生きれるのか謎だけど。。。

数年前に、BARで知り合った人にやって貰ったタロット占いでは60で死ぬと言われたけど。。。

なんか鎌持った死神みたいのが逆さに出てたりして、

占ってくれた人も若干引いてたw

まぁ、年々、生き方にワガママになって行く自分が嫌いでも無いので、

とことんワガママに、

大切な人を大切に。

そんな年にして生きたいと思ってます。

本年もよろしくどうぞ。